« 近所にある「ももち体育館」で長男と卓球をした | メイン | 現在、フィリピン »

労働局あっせんの事例研究

労働政策研究研修機構(編)『日本の雇用終了―労働局あっせん事例から (JILPT第2期プロジェクト研究シリーズ)』(労働政策研究研修機構・2012年)

ブロガーとしても有名な濱口桂一郎先生による、労働局あっせんの実証研究。

労働法と法社会学の関係についても言及しておられる。
その両方の創始者とも言える末弘厳太郎以来、関係が深かったはずなのに、という話。

事例の中で私が興味を引いたのは、顧客の要望が絶対化していく中で労働者が切られているケースもある(多い)という話。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://hirie.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2002

コメントを投稿

(スパムコメント対策のため、確認後公開しています。)

About

2013年03月09日 12:01に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「近所にある「ももち体育館」で長男と卓球をした」です。

次の投稿は「現在、フィリピン」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type